日本酒を飲むと太るのか?

「太るから日本酒は飲まないんです」という言葉を聞いたことがあります。

日本酒はお米から作られているので、糖質が多く含まれていて太りやすいと思われているのかもしれません。しかし本当でしょうか?

日本酒の愛好家の方にとっては気になるポイントと思われるので、本当に日本酒を飲むと太るのか調べてみました。

日本酒は他のアルコールよりもカロリーが高いのか?

「太る」と聞いて思い浮かぶのがカロリーです。人間はカロリーを摂取することで太ります。逆にカロリーを摂らなければ太ることはありません。

日本酒のカロリーは他のお酒と比べてどのくらい違うのか、100mlあたりのカロリーを比較してみました。下記をご覧ください。

お酒 カロリー(kcal)
ジン 284
ウォッカ 240
ウイスキー 237
ブランデー 237
焼酎(甲類) 206
梅酒 156
焼酎(乙類) 146
日本酒 103
ワイン 73
発泡酒 45
ビール 40

日本酒は100mlあたり、103kcalとなっています。ビールは40kcalと一番低いですが、日本酒よりもビールのほうがグイグイ飲まれるので飲むペースが早いですよね。

日本酒1合(180ml)のアルコール摂取量は、ビールに換算すると中びん1本(500ml)程度なので、同じアルコール量を摂取した場合は、カロリー摂取量にほとんど差はありません。

よって日本酒は、他のアルコール飲料と比べて、カロリーが特別高いわけではないようです。

アルコールに含まれるカロリーは太りにくい

そもそもアルコールから摂取したカロリーは、体内に蓄積されず太りにくいと言われています。

お酒を飲んだときに体がポカポカ温かく感じたことはないでしょうか?これはアルコールから摂取したカロリーは、優先的に熱として放出することに消費されるためです。ゆえに体内に蓄積しにくいのです。

しかしまったく太らないということではなく、食品やお菓子などから摂取するカロリーと比べてかなり少ないため、太りにくいということなので、やはり飲みすぎには注意です。

おつまみが太る原因

お酒を飲んだとき、ついつい食べ過ぎてしまったことはありませんか?

これは日本酒に限らず、ビールやワインなど他のお酒にも共通することですが、アルコールには食欲を増進させる効果があります。特に塩っぱいものや脂っこいものなど、カロリーが高くて味が濃いものを欲しやすくなります。

このおつまみが、お酒を飲んだときに太ってしまう一番の原因です。唐揚げやフライドポテトなど味が濃い料理ほど、油や調味料が多く使われているので、カロリーが高くなるのは当然ですよね。

しかし、おつまみの選び方やお酒の飲み方を意識的に注意すれば、太りにくい飲み方ができます。以下にそのポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

太らないように飲むポイント

お水を用意する

お酒を飲むときは、お水を定期的に飲むようにしてください。

お水を定期的に口に運ぶことで、お酒を飲むリズムや食べ物を口に運ぶ頻度もゆるやかになるので、飲みすぎ食べすぎを予防する役割にもなります。また、口の中をリフレッシュできるので、日本酒の香味をより楽しむことができます。アルコールの分解には水が使われますので、十分な水分を摂取することで、二日酔いの予防にもなります。

水を飲むのは良いことばかりで、日本酒のお供に水は必須です。

熱燗で体をあたためる

人間の体は冷えているときに防衛反応から、脂肪をためやすい状態になります。この脂肪をためやすい状態で、おつまみなどからカロリーを摂取すると、いつも以上に太りやすくなってしまいます。よって体が冷たいなと感じているときは、熱燗などで体を温めてからお酒を楽しむことをおすすめします。

日本酒の特徴の一つは、他のお酒に比べて飲用温度帯が広く、冷やから熱いものまで幅広く楽しめることだと思います。この特徴をぜひ活用しましょう。

【参考】冷や?熱燗?日本酒の適切な飲用温度とは?

カロリー、糖質の少ないおつまみを選ぶ

おつまみからの高カロリー摂取が、お酒で太る一番の原因と書きました。よって意識的にカロリーや糖質が少ないおつまみを選ぶようにしましょう。

揚げ物などの代わりに、野菜、きのこ、魚介類、発酵食品、大豆製品などを摂るようにすると糖質が少ないのでおすすめです。(そう、これはまさに和食です。)

お酒に揚げ物などの相性がバツグンに良いのは分かっていますが、食べすぎないように注意しましょう。

まとめ

日本酒が他のお酒と比べて太りやすいというのは誤解で、おつまみなどお酒以外からの高カロリー摂取が太る大きな原因です。

お水を定期的に飲んだり、揚げ物などの高カロリーな食べ物はなるべく摂らず、低カロリー低糖質のおつまみを食べることで太ることを予防することができます。

楽しく健康的に日本酒を楽しみましょう。

前の記事

日本酒の賞味期限はどのくらい?

次の記事

冷や?熱燗?日本酒の適切な飲用温度とは?

最新の記事

飲み手を魅了。酒米「雄町」の特徴を知る

市田 真紀  |  風土を映す酒米の世界<雄町編>

日本酒のアルコール度数はどれくらい?他のお酒と比べて高い?

酒スト編集部  |  日本酒を学ぶ

個性豊かな味わいが魅力! 古酒・熟成酒を探る

橋村 望  |  古酒・熟成酒の蔵探訪

発見から160年。「雄町」の歴史をたどる

市田 真紀  |  風土を映す酒米の世界<雄町編>