日本酒の賞味期限はどのくらい?

日本酒の賞味期限をご存知でしょうか?

日本酒には製造年月の記載はあっても賞味期限の記載がありません。せっかく日本酒を飲むなら、最も美味しい時に飲みたいですよね。今回は日本酒の賞味期限や、日本酒の適切な保存方法などをご紹介します。

日本酒には賞味期限は存在しない

アルコール飲料には賞味期限を記載する義務はないので、通常日本酒には賞味期限が書かれていません。

全ての食品に賞味期限の表記が義務付けされているわけではなく、一部の食品は期限表示の省略が可能とされています。アルコール飲料は省略可能な食品に該当し賞味期限記載の義務がないため、日本酒にも賞味期限が記載されていないのです。

【参考】消費期限又は賞味期限について(農林水産省より)

酒屋さんや酒蔵さんによっては製造年月日から一定期間(例えば一年など)を暗黙の賞味期限とし、それまでに飲み切ることを推奨している場合もあります。

賞味期限は定められていないといえども、時間がたてば日本酒の味や香りは変化していきます。そして適切に保存されていなければ、日本酒は劣化が進んでしまいますので注意しましょう。

開栓後は劣化しやすい

日本酒を開栓した後は劣化するスピードがあがります。日本酒は開栓して空気に触れると酸化が始まり、品質が劣化しやすくなるためです。よって開栓後は、なるべく早めに飲み切るようにしましょう。

特に生酒は加熱処理していないため、開栓したらすぐに飲むようにしましょう。もし長期間保存したあと、日本酒が美味しくなくなってしまった場合は、無理に飲まずに料理酒に使うのがオススメです。

「生酒」「生貯蔵酒」「生詰め酒」とは何か?その違いは?

まとめ

日本酒に明確な賞味期限は存在しません。しかし適切な方法で日本酒を保存しなければ、味わいや香りが劣化してしまうので扱いには注意しましょう。 特に、加熱処理をしていない生酒タイプは劣化のスピードが早いので、開栓後はできるだけ早く飲み切るようにしましょう。

前の記事

日本酒はどのように作られているか?

次の記事

日本酒を飲むと太るのか?

最新の記事

飲み手を魅了。酒米「雄町」の特徴を知る

市田 真紀  |  風土を映す酒米の世界<雄町編>

日本酒のアルコール度数はどれくらい?他のお酒と比べて高い?

酒スト編集部  |  日本酒を学ぶ

個性豊かな味わいが魅力! 古酒・熟成酒を探る

橋村 望  |  古酒・熟成酒の蔵探訪

発見から160年。「雄町」の歴史をたどる

市田 真紀  |  風土を映す酒米の世界<雄町編>